« 世界一大きな魚 | メイン | ラウンドの聖地?!カリジニ »

May 09, 2006

豊かな海

そして二日目、勝手知ったるボートの上でまた一日が始まりました。いやー気持ちいいね。調子にのって今日もダイビングを申し込んだらなんとガイドさんとマンツーマンでした。

とくにこれといったものとは出会えなかったけれど、人数が少ないマイペースダイビングを満喫しました。

船へ戻ると何やら慌ただしい雰囲気。どうやらジンベイが見つかった模様。みんなわくわくそわそわしながら準備をして、ボートはジンベイのいるポイントへ向かいました。

到着してみると、他にも3隻ほどボートが集まっていました。きょろきょろしてみると、ジンベイのヒレが!いやーでも意外と小さい?ボートの上からでは体までは見えませんでした。

ガイドさんはポインターと言って、ジンベイを泳ぎながら指差す役目をします。それを目印にみな必死に泳ぐわけです。

さて、合図とともにグループ12人一斉に飛び込みます。。。しかし透明度は10メートル弱なので、姿は見えず。顔を上げてポインターが向かってくる方向に泳ぎ出すと。。。ゆっくりとジンベイが小魚を従えて泳いでくるではないですか!

ぼーっとしているとあっという間に近付いてきたので、慌てて泳ぎ出します。それが結構速い速い。一生懸命泳いでも、だんだん遅れてしまいます。シュノーケルに水が入ったりしてゲホゲホしていると、追い付けない距離になったので、そこでギブアップ。ディンギー(小さなボート)が迎えに来てくれたので、拾ってもらいました。

2度、3度と繰り返しているとだんだん要領が分かってきて、じっくりと見る事ができるようになりました。でも相変わらず根性がないので毎回ディンギーに拾ってもらいました。一緒に拾われているのはおじいさんだったりしますが。。。はは。

エクスマウスにいるジンベイザメはそんなに大きくないらしく、今回も3メートルぐらいでした。12人も人が泳いでいるので、ジンベイの周りは大混雑です。蹴ったり蹴られたり。。。

4回泳ぐとかなりくたくたになりました。初めは他のボートもいるし、あんまり泳げないんじゃ。。。と思っていたけれど、結構満喫できました。。。というか体力が先に限界になりました。

4回目、例によってジンベイ様に置いていかれて、何もないなーと思いつつ水中をのぞきながらディンギーを待っていると、「キュッ キュッ キュッ」という音が、なんと30メートル先にドルフィンの群れがいました!10匹ぐらいいたかな?さすがにそのまま通り過ぎてしまいましたが、鳴き声が聞けて嬉しかったです。

また本日も美味しいランチを食べて、別のジンベイを見に行くはずだったのですが、潜ってしまったのか結局リーフでシュノーケリングをして終了しました。かなり浅いところだったので、浮いているだけでもよく見えて楽しかったです。

帰り際、船の近くてウミガメがぷかぷかういていました。たまに首を上げてこちらを見ているような仕草をしたり。クラゲをかなり見かけたので、好物のクラゲをたべているのかな?と思いました。

この2日でジンベイ、ウミガメ、ドルフィン、大きいマンタもボートのすぐ近くを通ってゆうゆうと泳いで行ったし(ボートから見た後、水中にはいったけれど、残念ながら間に合わなかった。。。)、ジュゴンまでこれまたボートの上からだけれどみれし、なんて豊かな海なんだとすっかり感心しました。

魚影がとても濃いポイントがあるそうで、ダイビングもしたかったのですが、ジンベイに2日かかったので時間がなくなってしまいました。これはまたいつか来ないとな。。。と思ったのでした。

●ジンベイの写真は水中使い捨てカメラで撮ったので、現像が楽しみだ〜
 これは港にあったタカの巣。高い木がまわりにないので、
 こんな所につくっちゃってます。
060509.jpg

投稿者 gecko : May 9, 2006 04:36 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.gecko.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/233

このリストは、次のエントリーを参照しています: 豊かな海:

» toms shoes from toms shoes
One more technique in favor of promoting your blog いそぐ旅ではないのだし-オーストラリア編: 豊かな海 is... [続きを読む]

トラックバック時刻: June 5, 2013 08:49 PM

コメント

コメントしてください




保存しますか?