« January 2006 | メイン | March 2006 »

February 27, 2006

おかえりなさい

語学学校で知り合ったワーキングホリデー仲間がパースから戻ってきたので、ご飯を食べながら色々話を聞きました。彼女はケアンズ、ウルル、パース、アデレード、メルボルン、シドニーと移動しながら仕事したりしてオーストラリアを回ったそうです。

彼女が住んでいたマンジュラというパースの近くの町では、ドルフィンスイムができるはずだったのですが、今年から中止になってしまったそうです。急な話ですね。。。残念。そして夏の間、オーストラリア北部は雨季なので、ブルーム、カカドゥなど北部を回るというツアーは中止されていたそう。北を旅行するつもりだったようですが、パースの南を回るツアーに予定を変更したそうです。

オーストラリアをベストシーズンで回るのは、かなり計画しておかないと難しいようですね。

私もかなり予定が決まり、
3月中旬~
ニュージーランド
4月上旬~
シドニー
アデレード
メルボルン
パース
エクスマウス、ブルームと通って
ダーウィン
ウルル
ケアンズの順に廻って
5月末~6月上旬に帰国したいと思っています。

当初よりも遅くなったので、真夏を避ける事になり、結果的にはよかったのかな?
かなーりつかれそうですが、負けないようにがんばります!

ニュージーランドでも更新するつもりなので、よろしく!

投稿者 gecko : 05:12 PM | コメント (2) | トラックバック

February 24, 2006

トリノは冬!

オーストラリアは夏です。2月の上旬が一番暑いように思います。最近はちょっとだけ涼しくなりましたが。でも今でも夜は結構風があって涼しいっすよ。

ひとまずフィギュアの色々な種目を見届けました。いやーアイスダンスのイタリアペアおもしろかったですね。オーストラリアではなぜか転んだり失敗したシーンをよくテレビで流しているのですが、このペアはなんども何度も見ました。時には台詞入りで。。。男性が失敗した後の女性のむっつりな表情が面白かったです。

後はスキーのエアリアルで、ビンディングを付け忘れて滑り出して回転中に見事にスキーが飛んでいったり。練習時だったからまだ良かったものの。。。

フィギュア女子シングルでは、荒川選手と村主選手は放送されたのですが、安藤選手は見れませんでした。。。25位のオージーの女の子はいいから、安藤さんが見たかった。。。みきてぃ。。。

エキシビションも見逃してしまったので、日本でどうにかして見たいところです。川口のNHKの施設に行けば見れるのかな?

帰ったら試してみましょう!

投稿者 gecko : 12:41 PM | コメント (0) | トラックバック

February 18, 2006

Wet'n'Wild Water Park

前々行こうと考えていたウォーターパーク、Wet'n'Wildへ友達と友達のフラットメイトと4人で行ってきました!

ずっと雨の日が続いていて心配だったのですが、無事に晴れました。やっぱりウォーターパーク行くなら晴れがいいっすよね。私はウォーターパーク自体も初めて行ったのですが、結構楽しめました!

まずは開園に合わせて車で到着すると、すでに入園を待つ列ができていました。そして、みんなここで日焼け止めを塗っていました。みんなぬりぬりしている姿はちょっと変でした。。。

人を掻き分けて、割引チケットで無事に入場。ロッカーに荷物を入れて、早速できたばかりと言うH2Oゾーンに行きました。

まるで垂直に落下するようなスライダーがあったので、友達が挑戦する間ボーッと下で待機。結構小さい子供も挑戦していましたが私は眺める方向で。好きな人にはたまらないんだろうな〜。

ひとまずその隣にある二人乗りの浮き輪でスライダーをくだるのには乗りました。楽しかったですよ〜。午後にもまたこのゾーンに来てみたのですが、かなり長い列ができていました。人気あるんですね。

他にも、マットを使って頭から滑るスライダーや真っ暗のチューブを滑ったりいろいろ挑戦しました。ただ浮き輪を持って階段を上り、スタート地点まで行くのが結構疲れました。

一番楽しかったのは子供ゾーンにある大きなバケツ。高いところにあって、水がどんどん注がれて、いっぱいになるとザパーンとひっくり返るのです。バケツの下でまだかまだかと待つ感じが楽しい!結構勢いもあって、ハマりました。

ほかには浮き輪に乗ってゆっくり流れる水路をただようのも気持ちよかった。浮き輪の上に横になってどこまでもあおーいあおーい空を眺めていると、とてもいい気分。日本ではきっと見れないんだろうな。。。この青さ。。。と思っていました。

遊びに来ている人はアジア人の観光客か、オージーの家族連れが多かったです。オージーは大きなクーラーボックスを持ち込んで、用意されているバーベキューサイトでいい匂いをさせながらバーベキューを楽しんでいました。土曜日には大きな波のプールで映画を上映しています。涼しくなってきた夜、外で映画をみるなんてすてきな休日の過ごし方ですね。

そんなオージー達がうらやましい一日でした。いやーでも私たちも楽しかった!

060219.jpg

投稿者 gecko : 03:35 PM | コメント (0) | トラックバック

February 16, 2006

Harry Potter and the Order of the Phoenix

やっとHarry Potter and the Order of the Phoenix読み終わりました。ほぼ毎晩読んで2週間半かかりました。。。最後の方は夜中の2時まで読んだりして。。。おもしろかった!毎晩クスクス笑っていました。最後はじーんとしました。いままではHarry Potterでジーンとくることなんてなかったのに。。。

そうそう、タイトルからPhoenixの群れを思い描いていたのですが、そういう意味じゃなかったんですね。。。

まずSirius! すぐまた現れるよね。。。死んでしまったわけがない。。。と思っていたら、最後までそのままで驚きました。。。Harryが鏡に向かって名前を呼んだり、Nick を問いつめたり。。。そして最後のページでHermioneとRonと別れるところでは、Summer Holiday前の毎度お馴染みのシーンなのに、積もり積もってぐっときてしてしまいました。

Mrs.Weasreyが、SiriusにHarryはあなたの息子じゃないと言われて「He's as good as!」というところもぐっときました。

最初は何度も何度も怒りまくるHarryに呆れぎみだったのですが、Unbridgeと良い勝負していて、Jamesの若い頃の暴れん坊ぶりもわかり、なんだか納得しました。でも、Harryは初めの頃と性格が変わった気がします。もちろん成長したり、いろいろな試練を乗り越えてきたせいもあるとは思いますが。

Choの話は、Hermioneの分析に感心するHarryとRonが面白かったです。読みながら吹き出したり、ニヤニヤしたりしちゃいました。ただ泣きすぎでなんだかなーと思っていたので、Choとは上手く行かなくてよかったです。個人的にはHermioneと上手く行って欲しいのですが。Lunaでも面白いかも?Ginnyがかたい気がしますが。

新しいキャラクターLuna、そしてお馴染みのNeville、Ginny大活躍でうれしかったです。Nevilleの変貌は


映画が楽しみですね。今度こそ前後編になるのかな?


投稿者 gecko : 03:55 PM | コメント (0) | トラックバック

February 13, 2006

トリノ!トリノ!オリンピック!

いよいよトリノオリンピック始まりましたね~。フィギュアスケートが好きなのですが、初日からいきなりペアが始まって見逃しそうになりました。そしてこんなに中国チームがくいこんでいるとは、知らなかった。。。

まず日本では毎日いろいろな局が、ほぼ一日中オリンピックを放送していますが、オーストラリアでは1つの局が夜3時間くらい放送して終わり。。。え。。。これだけ?とはじめは思いました。もちろんそうなるとダイジェストになってしまうので、日本人選手は1人ぐらいは見れるけれど、全員みることはできません。オーストラリアではウィンタースポーツはあまり盛んではないから、たとえオリンピックでもあまり放送しないんですね。

そんなわけで、まずはフィギュアスケートペア!スロージャンプは4回転の時代がきているんですね。知らなかった。。。かなり激しく転んでしまったけれど、銀メダルを取ったペアには驚きました。そして見逃さないでよかったと思いました。

スノーボードハーフパイプも見ましたよ~。いやー痛そうだった!見ているだけでも痛い!パイプはまるで氷みたいに堅そうで、そこに頭うったり腰打ったり。。。それでも青い空に、板の裏の模様が浮かぶと、空を歩いているよ!とオージーのアナウンサーが言っていましたが、まさしくその通り。ひとりでテレビの前で歓声をあげていました。

まだまだオリンピックは始まったばかり。アイスダンス、フィギュアのエキシビジョンと楽しみはまだまだ続きます。
そうそうほぼ日刊イトイ新聞のトリノの記事はおもしろいですよー。永田さんの文章が好きなので、こんなに毎日読めるのはうれしい限りです。ではテレビの向こうから応援しましょう!

●オーストラリアではこんなに青い青空です
 トリノは寒いんだろうな。。。はオーストラリア日本でいえば8月!暑いよ!ほんとに!
060213.jpg

投稿者 gecko : 12:53 PM | コメント (0) | トラックバック

February 08, 2006

The Naked Chef Jamie Oliver

最近はハリーポッターに夢中なので、あまりテレビを見ていなかったのですが、夕ご飯を食べるときに偶然テレビをつけたら、Jamie Oliver の今までの人生を振り返るような番組がやっていました。

一緒に働いていた人などのインタビューで構成されていたのですが、Jamie Oliver については私もあまり詳しくは知らなかったのでかなりおもしろかったです。

彼はイギリスの有名なシェフで、料理番組に出演したり、本を出していたりします。本はベストセラーになっているようです。こっちの本屋さんでもよく見かけるのですが、表紙の写真がいいですよねー。

シェフになるまでの話や、イギリスのテレビ局BBCに出演するきっかけなどなど。自分の結婚式のパーティでは自分で料理を用意したらしいですよ。。。いい話ばかりではなく、テレビに出演しすぎて逆に視聴者に飽きられてしまったなんてこともあったようです。

そして、見ていて一番思った事、よく聞いた言葉は「Passion」。情熱ですね。彼自身が料理をしているときももちろん、若者を育て、教えている時もエネルギーにあふれ、本当に料理が好きなんだなと感じました。そこまで情熱を持てるものがあるなんてうらやましいとも思いました。

最近の彼は、イギリスの学校給食を変えるということに挑戦中。子供たちが学校の給食で食べているものといえば、ピザやフライドポテト、チキンナゲット、フィッシュフィンガーなどなどという冷凍ジャンクフードだった模様。どうもこれは学校給食の予算がなかったかららしいですが、かなりひどいですね。それをサラダやチキンのトマト煮などちゃんとした食事にしていこうという活動をしていました。結果的に政府が予算を増やすまでになったそうです。

私が子供の頃の給食は結構おいしかったですよ。給食室でおばさんが毎日作ってくれる料理は教室に届く頃でもまた暖かかったし。小学校の途中までアルミだった食器も磁器にかわって、先われスプーンもお箸に代わってちゃんとした「食事」になっていた気がします。いい思い出が残っている私は幸せものなのかな?

投稿者 gecko : 01:01 PM | コメント (6) | トラックバック

February 04, 2006

ナルニア国物語 ライオンと魔女。。。と衣装箪笥

前から見たいみたいと思っていた映画「The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch, and The Wardrobe」をやっと見ました。もう公開されてから大分たつので、席はがらがらでした。

あ、そうそうマックのハッピーセット、今月下旬からナルニアになります。アスラン以外を買い逃してしまったので、どなたか代わりにゲットしてください!アスラン以外全種類ほしー。

内容を全く知りたくない人はここから先は読まないでね。

さて、

原作にはないロンドン空襲のシーンから始まったのですが、いきなり軍用機が現れたので、他の映画の宣伝かと思いました。そして駅で母親に見送られ子供たちが疎開してゆくシーンは、寂しさが伝わってきていいアレンジだと思いました。

子供たち4人とも、とても役に合っていました。他の役もいい感じでしたが、特に魔女がぴったりはまっていました。Mr.Tumnuも愛嬌があってよかったですよ。

ちょっとした笑いあり、ちょっとした感動があり。美しい風景と美しい美術、衣装と。。。いやーきれいでしたホントに。ちょっと鎧がちゃちかったけど。
音楽も寒さを感じさせる感じで。

思っていたのとちがったなーというのが、ターキッシュデライトを食べるシーン。わりとお上品です。もっとガツガツ言って欲しかった。日本では字幕か吹き替えになるわけですが、どうやって訳すんですかね。。。ターキッシュデライト。。。要注目です(あほか)

永遠にクリスマスの来ない冬の国。。。がナルニアだったわけですが、針葉樹に積もった雪、石像に積もった雪。。。雪ってきれいですね。しばらく見ていないので雪が恋しいです。

というわけで続編も楽しみですね。まずはニュージーランドでロケ地めぐりをしてみようと思います。

投稿者 gecko : 12:19 PM | コメント (0) | トラックバック

February 02, 2006

3度目の正直

今日は午後からバイトを休んで、3度目の免許のテスト。実は先週2回目を受けたのですが、残念ながら落ちてしました。1回目と同じ試験官で、1回目よりはずいぶん上達したのですが。。。

どうも信号が壊れていると思って(オーストラリアではよく信号が壊れてます。交差点の信号が全部飛んでたりして。。。)試験官に聞いたのがいけなかったらしいですが。。。

そして今日は前回とは違う試験官で、ちゃんと名前を呼んでくれるし、右折する前はちゃんと車線変更するように言ってくれるし、なかなかやりやすかったです。

前回と私的にはあまりかわらなかったような気もするのですが、今回は無事受かりました。いえーい。

まず当日流れを説明すると、1時間練習してそのまま試験会場へ。申し込み書を書いて提出すると試験官がやってきます。はじめは車のチェックをして(ブレーキランプ、ウィンカーがちゃんと点いているかなど)車に乗り込みます。

ライトの位置やミラーのことなどを聞かれて、いざ出発。かならず高速に一度は乗り、狭い道、急な坂。。。の先にいきなり信号、などちょっとむずかしめな道を通ります。30分程度で試験会場に戻ってきてその場で結果を教えてもらい、試験官が書いたレポートを貰います。

そして無事合格すると、手数料を支払い、写真を撮影して30分程度で免許を発行してもらえます。無事免許を貰ったものの、クィーンズランドの免許はラミネートのカードなのでちょっとありがたみがなかったです。

いやーこれでやっとラウンドの予定が立てられます。予定よりもちょっと時間がかかってしまったけれど、終わりよければよしということで。お金も結局計算してみると20万円くらいでなんとかおさまりました。長引けば長引くほどお金がかかるので、これも良かったです。


さーて、いよいよゴールドコーストを脱出するぞ!

●いったいどんな生き物なのでしょう。。。
060202.jpg

投稿者 gecko : 12:19 PM | コメント (2) | トラックバック